専業主婦の借り入れ理由の大半が生活費の補てん

専業主婦がカードローンをする理由の大多数が『生活費の補てん』って知ってました?

 

私はカードローンって初めて利用するまでは、ブランド物買ったり、
旅行前にお金調達したり、贅沢するための借り入れってイメージがあったから、
専業主婦とは無縁だと思ってたんです。

 

でも現実は、みんな生活費の補てんが多いなんて、
どこの家庭も同じような状況だとわかって嬉しいような、悲しいような。

 

専業主婦って改めて、本当に大変ですよね。

専業主婦の私が日常的にカードローンを使うようになった理由

私がカードローンを使うようになったのは、今から5年ほど前です。

 

景気が良くなくて主人のボーナスも期待できなくなったけど
決まっていた息子の私立中学校への入学のためです。

 

景気が悪くなりまさかここまで給料にダメージがあると思ってなかったので、
私立に入学させてもやっていけるだろうと思っていたんです。

給料

 

ところがその判断が大間違いでした。

 

私立の中学校って制服からブランド物で(うちの息子の学校はコムサ)、
制服だけで15万円はしました。

 

さらに入学金、授業料、寄付金など、どんどん請求がくるので
私がコツコツ貯めてきたへそくりも底をつき、
大学費用に使う予定だった学資保険も解約しようか…と思っていたときに
みずほ銀行カードローンに出会いました。

専業主婦でも最大30万円も借りられるみずほ銀行カードローンに出会った

専業主婦でも借りられるということを知ってどんな内容か確かめてみたところ、
審査次第では専業主婦でも最大30万円まで借りられるじゃないですか!

 

ちょうど支払うべき学費が25万円だったので、これしかない!と思って
専業主婦ごときが本当に審査に通れるのかどきどきしながらも申込みました。

 

専業主婦申込み

 

午前中10時ごろにに申し込んでメールにて回答が来たのはその日の12時前後だったと思います。

 

「審査に通過しました」とのメールで限度額も30万円で通ったので
早速みずほ銀行のATMへ向かい借入しました。

 

私は元々みずほ銀行の口座をもっていたのでカードも手元にありました。

 

キャッシュカードとローンカードの併用型で契約を進めたので手持ちのカードで借り入れでき、
無駄な時間もかからず借入まではかなりスムーズでしたね。

 

とにかく学費を支払い、そこからは毎月1万円ずつ返済。
たまに生活費が浮いたときに3万ほど返したこともありましたので、約1年半ほどで完済しました。

この経験で専業主婦ほど家計の緊急事態に備えておくべきと学んだ。

初めての借入時、中学生だった息子も高校2年生となりエスカレーター式に私立高校に通っているので
いまだに高額な学費に度々悩まされてますが、その都度みずほ銀行カードローンに助けてもらってます(笑)

 

財布から覗くお金

 

一枚持っていると万が一のときにも活躍してくれるので、
専業主婦こそカードローンとは契約しておくべきなんだなと、自分の経験を通して本当に実感しました。

 

主婦でも内緒で今日中に借りれる専業主婦OKのおすすめカードローン!