専業主婦のカードローン審査で見られる信用情報は旦那の?

専業主婦の疑問

無収入の専業主婦がカードローンの審査を受けるには
配偶者である旦那の収入がキーポイントとなるので旦那の信用情報が照会されるんだよね?

 

と、思いますよね。

 

でも見られる信用情報は専業主婦本人のものなんです。

 

信用情報=個人情報の扱いなので、夫婦であれ家族であれ関係ありません。

 

なので専業主婦の自分が借入したことが旦那の信用情報に傷をつけ、
将来旦那が住宅ローンやマイカーローンが組めなくなる…ということはありません。

 

初めてのカードローンだしわたしの信用情報には傷ないよね?

これから初めてカードローンに申し込む専業主婦は、
いままで借入経験がないから信用情報に傷がついてるはずないよね?
じゃあ、絶対審査に通れるんじゃない?と思いたいところですが…

 

実は専業主婦も知らずのうちに信用情報に「滞納」の記載をされていることがあります。

 

携帯電話の本体代金は分割払いですか?

携帯の分割払い
携帯電話の本体代金は分割払いで毎月数千円、携帯代とともに支払っていくのが常識となりました。
キャリアのサービスで割引分と携帯本体代が差し引きされ実質無料となっていても、
携帯代の本体代金は毎月支払っていることになっています。

 

この分割払い、クレジット払いの扱いになるので信用情報に記載される事項に含まれます。
専業主婦にとって最も身近な信用情報に関係することだと思います。

 

携帯の利用料を支払わないと2ヶ月ほどで通信がストップされるだけですが、
携帯の利用料にはケータイ本体代も含むので、
クレジットの分割払いが滞納された事実が信用情報に記載されることになります。

 

携帯の本体代の滞納による信用情報の傷は分割払いが一般化されてから増加していて、
キャッシングの審査の足かせになってしまうケースがあるようです…。

あしかせ…

 

もし専業主婦で初めてのカードローンをするあなたが審査に落ちてしまうようであれば、
この携帯代の未払いがなかったか思い返してみた方がいいかもしれません。

 

トップページに戻る